心の持ち方

起業して5カ月が過ぎました。この間、本当に多くの方に支えられてきました。そして自分自身を見直す機会が大変多くありました。その中で、心の持ち方がとても重要なのだということを、たくさんの機会で学ぶことが出来ました。

 私が起業して5カ月が過ぎましたが、この間本当に多くの方に支えられてきました。そして自分自身を見直す機会が大変多くありました。その中で、心の持ち方がとても重要なのだということを、たくさんの機会で学ぶことが出来ました。

起業して感じたことは、本当にいろいろな価値観の人がいるのだということです。

自分が今までいかに狭い世界で生きてきたかがよくわかりました。特に経営者の集まりに参加すると、縦の社会ではなく横の社会が存在します。

その中で、自分の考えの浅はかさや未熟さをたくさん教えて頂きました。自分の考えを見直すとても貴重な機会でした。

 私は、北風ではなく、太陽になろうと思います。

意見や考えが違う人と接したとき、あるいはそういう状況になった時に、相手に怒りや悲しみを覚えることは、これまでも何度もありました。

歳を重ねるごとに、そうしたことは多くなってきているような感じもします。しかし、怒りや悲しみからは何も生まれないということに気付くことが出来ました。相手の考えを無理やり変える「北風」のような考えでは、相手は自分の心を覗いてみようとは思いません。

自分の心を覗いて理解して欲しいと思えば、自分が相手の心を覗いてみる努力が必要なのではないでしょうか。

「彼はなぜ今、このような行動をしているのだろう」「彼にとって自分の考えの何が足りないのだろう」など、相手の気持ちや立場を理解することから、人と人との繋がりは出来るのでは以下と思うのです。

相手に対して怒りを覚えている間は、結局自分本位でしかないのではないかと思うのです。相手を理解する努力が足りなかったことが、いろいろな問題を引き起こしてきたような気がします。

 私は、人の幸せや健康に少しでも貢献する人生を、これから歩んでいきたいと思っています。

そのためにも「太陽」になりたいと思います。

相手が自らコートを脱ぐようにするには、人を優しく温めてあげることが重要なのだと思います。

最近はいろいろな学びがありますが、これからもこの「気付き」を実践していけるように頑張りたいと思っています。

フィジカルケア宮崎のブログの更新情報をお知らせします。

次の記事

初めての投稿