リハビリって何

今日はリハビリテーションについて簡単に説明します。よく病院でリハビリをするって言いますよね。では、「リハビリ」の意味は何でしょうか。リハビリテーションとは、本来「人権の回復」という意味です。Re=再び habilis=適した状態にする、という意味で、直訳すると「再び適した状態にする」というところです。疾病やケガなどで障害を負った方が社会復帰した場合、社会的に元の状態に戻れたことをリハビリテーションというわけです。「ガリレオ」が地動説を唱えた時代のイタリアでは、ローマ法王のもとキリスト教が盛んであったため、地球が宇宙の中心であることが絶対の真実であったことから、地球が動いているという考えはタブーな時代でした。地動説を唱えたガリレオが、宗教裁判にかけられたときに発した「それでも地球は回っている」という言葉は有名です。それから350年後の1992年、当時のローマ法王ヨハネ・パウロ二世がガリレオの墓の前で謝罪したことは、とても有名ですね。これは「ガリレオのリハビリテーション」と呼ばれています。例えば、罪を犯した人が投獄され、罪を償って社会に戻ってくるときにもリハビリテーションという言葉は使われます。失脚した政治家が、また復権した際にも「リハビリテーション」と使われます。  今の日本では、ケガや病気からの復帰のための「訓練」「トレーニング」を意味することが多いのですが、実際にはそうした行為はリハビリテーションの一部です。

リハビリテーションとは概念であり、治療手段ではありません。治療として「リハビリをする」という言葉は、日本では通じますが、海外では通じません。理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などはリハビリテーションの専門職ですが、理学療法も作業療法も「療法」ですから「治療」であるわけです。理学療法士の学会などで演題発表する方が、「リハビリを開始した」という表現をされることがありますが、「理学療法を開始した」と正しい言葉をしっかり使ってほしいです。理学療法士には、治療家であり専門家であるという認識をしっかり持って欲しいと思います。

フィジカルケア宮崎のブログの更新情報をお知らせします。

前の記事

初めての投稿

次の記事

理学療法士の専門性