理学療法士の専門性

 高知県理学療法士協会のニュースで、会長の宮本謙三先生が理学療法士の専門性について触れられています。医療にかかわっていない方から理学療法士ってどんなことをするのって聞かれることがよくあります。柔道整復師やマッサージ師やトレーナーとどう違うのって聞かれます。理学療法士の中にも、その専門性が理解できていない人がたくさんいる現実に、私は非常に危機感を感じます。法律で定められている「理学療法」は、間違いではありませんが、時代の流れとともに理学療法士に求められる専門性は多様化してきていると思います。

 今、病院で特に回復期で多く実施されている生活期の”訓練”において、”生活動作訓練”に主眼が置かれている状況は、理学療法士がその専門性を自ら放棄しているようにも見えます。理学療法士は訓練をする人ではありません。身体機能障害を改善し、動きと症状を変化させる治療家です。保険や予防、スポーツなどの場面で理学療法士が必要とされるのは、セラピストとしての高い専門性が認めれらているからこそです。社会的に認知されるには、患者様や自分を必要としてくれる方々のために、自らの技術を高め、人として成長していく必要があります。理学療法士が、自分自身の評価結果を、自らの期待や希望に導かれることなく、患者様に生じている真実をしっかり受け止めて解釈し、治療に繋げていくには、自らが人として成長しなければいけません。  

 5年ほど前、当時80歳になる超ベテランの理学療法士の先生に、日南市で開催された宮崎県理学療法士会の学術大会に特別講師としてお呼びし御講演頂いたことがあります。この先生は、第一回国家試験を、それまでの実績で免除されて理学療法士になられた先生ですが、極端ではなく少し触れるだけで、人の動きがまったく変わり、痛みがなくなり動けるようになる技術を、自らの創造性の中で磨いてこられた先生です。御講演の時に、この先生が今の理学療法の現状について話されていたことと同じことを、宮本先生も高知間理学療法士会のニュースの巻頭言でふれられています。今の理学療法士の専門性、在り方についてです。  

 理学療法士が誕生したのは、1965年に「理学療法士作業療法士法」が制定されたのが始まりで、1966年(私が生まれた年です)に第一回国家試験が開催され、理学療法士が誕生しました。1970年代に入り、ファシリテーションテクニックが理学療法士の中で広がり、それが理学療法士固有の技術として、医師や看護師などコメディカルから評価されました。脳卒中などの脳血管疾患で寝返りが出来なかった方、歩けなかった方などが歩けるようになり、日常生活に戻っていくことが出来た事例が全国に広がっていったのです。このことで、理学療法士は社会的存在価値が高まっていきました。脳血管疾患だけでなく、整形外科の領域でも世界的には徒手理学療法として、先日お亡くなりになられたカルテンボーン先生のご尽力により、理学療法は治療手段として発展してきており、現在はほかにもたくさんの技術や学術が存在しています。

 身体機能障害に対する治療は、他の有資格者には出来ません。そこに専門性があると思います。今は、専門性が問われている時代です。社会構造の変化とともに、理学療法士の存在価値が求められています。時代の変化とともに、情報交換ツールが増えるにつれて、資格保有者自身が自らの資格にこだわることなく、いろいろな情報を自分の治療に取り入れようとしています。ある意味、そこはシームレスになってきていると思います。それ自体が悪いこととは思いませんが、自らの資格に誇りを持てるような成長の仕方をしていくべきではないかと思っています。自分たちが「こう行きたい!」が、後輩たちの「生き方」にも影響を与えています。人間、いつかは死にますが、私は少しでも後輩たちに良い形を遺していければ良いなと思います。少しでも多くの方が幸せになれるように、私の祖先から頂いた大切な命を、私に命を与えてくれた方々の想いに応えるためにも、人の幸せに貢献していきたいと思います。   

フィジカルケア宮崎のブログの更新情報をお知らせします。