終戦の日

 今日は8月15日。終戦の日でしたね。私は、母方の祖父を戦争で亡くしました。といっても、私が生まれる前で、私は残念ながら会ったことはありません。私の祖母は、亡くなった祖父の弟と再婚し、私にとってはその方が本当の祖父のように育ちました。私は、本当の孫のように可愛がってもらい、とても幸せでした。家族の中で戦争に行った人から、直接戦争の悲惨さを教えて頂いたことは、あまり記憶にありませんが、私の父から何度となく、宮崎で一番大きな大淀川が、焼夷弾で燃えていた話は聞きました。あの大淀川が燃えていたという事実は、幼い私にとってはとても衝撃的でした。

 私が日南で訪問リハビリに行っていた頃、ご縁があって私が担当した患者様が、まさに戦場で戦った方でした。その方から、折に触れ、戦場での話を聞いたことがありますが、聞いている話が現実とは思えないほど、恐ろしい状況が想像されました。ある日、ちょうど今頃だったと思いますが、テレビ番組で「男たちの大和」という番組が放送されました。あまりにリアルでしたので、本当はもっと壮絶だったと思うけどと頭では思いながら、その方に「戦場はあんな感じだったのですか?」と、馬鹿な質問をしてしまいました。私の質問を少し笑って返ってきた言葉が「あんなもんじゃない」と、とても低い声でつぶやくように言われたことが、いまだに忘れられません。宮崎にも、まだまだ戦争で大変な思いをされた方はたくさんいらっしゃると思います。私の父は昭和10年生まれですが、自分の子供にこうした話をあまり聞かせたことがありませんでした。知覧などに連れて行ったことはありますが、もっと身近な場所に戦争を伝えてくれる方がいるのであれば、話をしっかり聞くべきだと思いました。

 お国のためにと、戦争で散っていった人たちの想いに、私たちが応えられているのか、、、。重い課題のようにありますが、そうした事実や想いを持った人たちの声に耳を傾け、自分自身の在り方に一考すべき日でもあるのではないかと思います。

フィジカルケア宮崎のブログの更新情報をお知らせします。

前の記事

ラポール

次の記事

既知と未知