筋力トレーニング

 私のところにいらしていただけるお客様は、「どこに行っても治らない」とか、「痛みがなかなか取れない」といった訴えをされる方が数多くいらっしゃいます。そうした方に対して、まずは痛みを軽減するための理学療法を実施し、その後に経過を見ながら予防のためのエクササイズや日常生活での指導などをします。身体のバランスの修正は、基本的にはセラピストがするのではなく、その人の気付きによって変化を持続することが出来ます。とはいえ、なかなかこうしたことを理解していただくことは難しいものです。

筋出力抑制

 先日来られた方も、階段を降りるときに膝が痛いと言われていました。腰痛と膝痛を持っていらっしゃる方は数多くいらっしゃいますが、膝が痛い方には、膝だけの対応ではなく、体幹に対しての対応も合わせて行っています。膝関節周囲の筋肉だけでは、膝関節を荷重環境下でコントロールすることは出来ないからです。筋は筋繊維が細くなって筋力が低下しているだけではありません。筋肉が細くなって筋力が低下することはもちろんありますが、筋力の出力抑制というものがかかっている状態が考えられます。その場合、出力抑制を外せばいいわけですから、筋力は即座に改善します。常にそういうことが出来るわけではありませんが、出力抑制を外さないと筋力を鍛えることは出来ないということです。

筋力を改善する意味は?

 以前の職場に実習に来ていた学生が口にしていたことは、特に高齢者に関して患者の筋力トレーニングをしているところと見たことがない、と多くの学生が言っていました。筋力トレーニングをしなくても筋力は改善し、痛みなどの症状がよくなる方は、多くいらっしゃいました。筋力トレーニングは必要なことですが、その方法をしっかり考えて実施しないと、筋力トレーニングそのものが人の身体を傷つける可能性があることを、認識すべきではないかと思います。評価と結果の解釈、それに基づくプログラムの立案と結果の検証が重要だと言うことです。

フィジカルケア宮崎のブログの更新情報をお知らせします。

次の記事

人は鏡、万象は我が師