アスレティックリハビリテーション

 皆様は、アスレティックリハビリテーションという言葉をご存じでしょうか。athlete=アスリートで、スポーツ選手がケガをして手術を受けたときに、術後からスポーツ現場に戻り、元の競技に復帰することをいいます。以前、リハビリテーションは人権の復権であり概念であることを、このブログでもご紹介しましたが、アスレティックリハビリテーションも同じような意味合いです。病院などの医療の現場で行うリハビリは、「メディカルリハビリテーション」といい、アスレティックリハビリテーションは、病院を離れて競技に復帰するためにスポーツ特性に合わせたトレーニングを、主に現場に出向いて行うことを意味することが多いです。したがってこの部分は、医師の許可を受けながら実施することも必要ですが、医師の許可の範囲で少しずつ負荷を上げ、徐々にいろいろな動きをして行っても良い時期ということになります。

スポーツ現場でのリハビリ

 スポーツ現場では、それぞれの競技に復帰するため、そのスポーツの基本的な動きを再獲得することから始めることが多いです。例えば、片脚で立つことやスクワット動作などです。しかし、これらの動作は、練習会場でなくてもどこでもできます。しかし、同じダッシュとか方向を転換する動作などでも、野球選手が野球場ですることや、バスケットボール選手が体育館ですることは違います。着ているユニフォーム、履いているシューズ、床やグランドの状態など、環境がそれぞれの競技でまったく違うため、現場でのリハビリが重要になるのです。その時の、その選手の動きによってトレーニングの内容は変わってきます。どの程度の動きや負荷に耐えられるかを見極めながら選手を指導することも、トレーナーには求められるのです。そこには、当然ですが、選手の怪我がどの程度治ってきているのかも関係しています。

選手や指導者、保護者との連携が重要

  その選手が、チームの中でどのような選手なのか、選手の役割も重要になってきます。また、いつの大会までに間に合わせたいのか、その大会にどうすれば間に合うのか、間に合わないとしたらなぜ間に合わないのか、次の大会に照準を合わせるとしたら、どのようなプランで進めていくことがベストなのかなど、選手とトレーナーだけでは解決できない問題もたくさんあります。医師による医学的介入が必要な場合は、医師との連携も重要ですし、病院でのメディカルリハビリテーションを担当していた理学療法士や作業療法士との連携も重要です。さらに、障がい者スポーツなどにおいては、義肢装具士との連携も重要になってきます。このように、アスレティックリハビリテーションは、本当に多くの方々との連携がスムーズにいかなければ、選手を元の競技にスムーズに復帰させることは出来ません。これが重要であり、非常に難しい部分でもあります。大切なことは、「プレーヤーファースト」という考え方だと思います。これからも、そのような役割を担っていけるように頑張っていきたいと思っています。

フィジカルケア宮崎のブログの更新情報をお知らせします。

前の記事

人は鏡、万象は我が師

次の記事

研修会開催のお知らせ