健康経営と腰痛

 腰痛は、様々な場面で人の動きに影響を与えます。腰は月(にくづき)に要と書きます。つまり、人の身体の要になる部分ということです。首の痛みや肩の痛みなどは、なんとか歩けたり動けたりしますが、腰の痛みは動くことも出来ないことがあります。ぎっくり腰を「魔女の一撃」と言ったりしますね。映画の一場面などで、こどもが悪いことをしたとき、魔女がお仕置きとして電気ショックを与える場面を想像して頂ければわかると思います。ぎっくり腰はまさにあのような感じで、腰に落ちた電気が一瞬で全身を突き抜けるような感じになります。「もう悪いことはしませんから、どうか勘弁してください・・・泣」という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

腰痛がなぜ起こるのか

 腰痛が生じる要因は様々です。以前にもこのブログでも述べたように、腰痛の85%は原因がはっきりしない腰痛と言われています。ただ、腰椎椎間板ヘルニアなど原因がはっきりしている腰痛でも、原因がはっきりしない腰痛でも共通していることは、痛みが生じている個所に力学的ストレスが生じているということです。つまり、筋肉や関節などに過度な負荷がかかり続けることが問題なのです。私たちがレントゲンなどで画像を見る時は、痛みの場所と画像所見が一致しているかどうかを見ます。感覚検査や筋機能検査、姿勢の評価などを行い、症状と所見が一致するかどうかを検査します。一致している方は疾患依存性の高い方ということになり、医師による治療が必要ということになります。しかし、前述の通り多くはグリーンライトと呼ばれる、予後良好な腰痛という分類になります。腰にかかっている負担が、どのように発生しているのかを知ることが重要なのです。そしてそのメカニズムは、ひとりひとり違います。一人一人の要因を探っていくことが重要です。

どのように対応すればいいのか

 仕事によって、腰痛が発生する状況は様々だと思いますが、重要なことの一つは、職場環境だと思います。例えば仕事をしている椅子の高さや机の高さなどに対する注意も必要でしょう。これらの根本は、すべて作業中の姿勢ということになります。例えば腰が曲がった姿勢を持続すると、腰椎の椎間板に持続的なストレスが生じ、亀裂が入ってそこから椎間板の奥にある髄核が外に出てきやすくなります。これが椎間板を破り外に出て神経を圧迫している状態が椎間板ヘルニアです。腰が曲がった姿勢は、持続的に腰にかかるストレスを緩衝できない姿勢なのです。さらに筋肉は常に緊張の高い状態となり、筋肉の張りや凝りが生じる結果となります。まずは、常に同じ姿勢で仕事をすることを、可能な限り避けることが重要ということになります。ただ、これだけでは根本的な解決にはなりませんので、次回はエクササイズについてご紹介したいと思います。スポーツ選手がケガを防ごうとする場合、身体の要因と環境の要因とに分けて考えますが、まさにそれと同じです。職場環境を見直し、職員の身体のコンディショニングを整えることが重要です。

フィジカルケア宮崎のブログの更新情報をお知らせします。

前の記事

痛みの予防と運動

次の記事

自治会での健康講話