身体の変化に意識を傾ける

 弊社では、お客様の姿勢の特徴や動きの特徴を評価し、徒手的な施術により動きの変化をご体感頂き、お客様に合った運動指導をしております。痛みを予防するためのトレーニングはメディアやSNSなどでたくさん配信されていますが、そのほとんどは「多くの人に」適応するものであり、「その人」に適応するものではありません。間違ったトレーニングは、逆に悪化する可能性もあり、自分に合ったトレーニングが非常に重要になります。

自分の身体の特徴を理解する

どのような運動が自分に合っているかは、その人の身体の特徴によって変わってきます。よく「骨がずれている」と言いますが、もともと人の骨は左右対称ではなく、細かな骨の形状は人によって異なります。形状が違うことと骨がずれていることは異なります。左右がずれていること自体が問題になるのではありません。少々ずれていても何の問題もないのです。事実、痛みなく健康で過ごしている方で、ずれている方もたくさんいらっしゃいます。痛みをはじめとする「身体の不調」に、どの要因が関係しているかを見つけ出し、そこに対応することが重要なのです。

筋肉のバランスと関節の適合障害

重要なことは、関節の適合性と筋肉のバランスです。関節適合性とは、関節がうまく噛み合って機能しているかどうかということです。最適なのは「ニュートラルゾーン」と呼ばれる位置に関節があることが重要になります。筋肉のバランスは姿勢によっても変化しますが、心理的な要因や内科的要因、気候や気温などの自然環境によっても変化します。身体の不調は、これらのどこに問題があるのかによって、対応の仕方が変わってきます。

自分の身体の変化に目を向ける

重要なことは、自分の身体の声に耳を傾けることです。いつもと違う声を身体があげたときに、その変化に気付くことが重要です。そのためには、いろいろな知識を持っておくことも重要になります。これからは、これまで以上に「健康」がキーワードとなり、重要な時代になってきます。「身体の問題」「心の問題」「栄養の問題」など、これからも様々な視点で、お客様に真摯に対応していきます。

フィジカルケア宮崎のブログの更新情報をお知らせします。